ボケ予防

古い珈琲豆の見分け方

美味しいコーヒーを飲むには、新しい豆を使いたいのですが、焙煎したコーヒー豆の見分け方が分からないという人も多いでしょう。
ここでは古いコーヒー豆の見分け方について紹介します。

実は、焙煎したコーヒー豆の鮮度を見分けるには見た目では分からないと言われています。
焙煎した豆の賞味期限は約2週間とされていて、その期間を過ぎてしまうと香りも味も抜けてしまいます。
そうなるとそこからはどんどん劣化していき、とても美味しいコーヒーを飲むことはできない状態となってしまいます。
一般の賞味期限を過ぎた食品のように、古くなったからといって食中毒になる心配はありませんが、それでも美味しいものが飲みたい人はできるだけ新しいものを見分けたいことでしょう。
したがっていつも豆を購入しているお店に確認して、いつ焙煎したか確かめることをおすすめします。
そのような確認ができないのであれば、お店で人気の豆を選ぶのも良い方法です。
人気商品であれば古い豆が置かれていることはなく、常に補充されて焙煎したてのものを手に入れられる可能性が高くなります。
良い豆を見分ける方法としては、大きく膨らんでシワが伸びていて、粒が均一になっているものがいいとされています。
しかし古い豆を見分けるには、やはり実際に淹れて飲んでみるのが一番分かりやすい方法です。
フィルターでコーヒーを淹れた場合は、粉にお湯を注げば、粉の表面が膨らんで、綺麗な饅頭のような形になり、二度目の注湯では細かい粒の泡が出ればそれは新鮮な豆だと判断できます。
反対に、お湯を注いでもそのままお湯が素通りして泡が不揃いであれば古い豆だと判断できる材料になります。
焙煎が極端に浅いものや深いものにもこの現象が見られることがあるため、確実に古い豆とは言えませんが、ある程度の判断材料にはなるでしょう。

このように、焙煎した豆を見た目だけで古いかどうかを判断することは難しいのですが、実際に淹れて飲んでみることで新鮮か古いかどうかはある程度判断することができます。