ボケ予防

インスタントコーヒーの造られ方

インスタントコーヒーはお家で手軽にコーヒーが飲めるとても便利なものですが、それはどういう製法で造られるのか、また美味しく飲む方法はないのか、と考える人はたくさんいると思います。
ここではインスタントコーヒーの製造方法とそれを美味しく飲む方法を紹介していきます。

インスタントコーヒーは、抽出したコーヒー液をフリーズドライにして造られます。
真空にしてマイナス40度位まで冷やすと、水分だけ揮発して味だけの粉末になります。
匂いが蒸発するので、香料を加えて製品になります。
そんなインスタントコーヒーは、少しの工夫をすることで、まるでお店のような味に変えることができます。
インスタントだと淹れ方はとても簡単で、マグカップなどの好きな入れ物を用意して、そこに粉を入れてお湯を注げばいいだけです。
しかしこれだとフリーズドライをして造られたものがお店のように美味しい味に変身させることはできません。
実際に多くの人はしょせんインスタントなので、そのことは十分に理解して、ある程度味には我慢して飲んでいる人がほとんどのようです。
インスタントでも美味しくするためには、まずは分量をしっかり守ることが重要です。
多くの人は、適当な量を入れ物に入れているのではないでしょうか。
まずは分量をきちんと守ることで、インスタントを美味しくすることができます。
基本的には、ティーカップの場合は140mlに対して1.5g、マグカップの場合は190mlなので2gとされています。
もちろん購入した商品に分量はきちんと表記されているので、その通りの量を入れて飲んでみて下さい。
次にインスタントコーヒーはフライパンで煎ってから使用すると、香ばしさが増して各段に美味しくなります。
少し焦げたような匂いがするまで煎ってみましょう。
また麦茶を少し入れるだけでも、香ばしさが増して美味しくなります。
麦茶の代わりにほうじ茶を入れてもOKです。
酸味があるコーヒーが好きな人は、塩を一掴み入れるだけで、美味しくなるので是非試して下さい。

このようにインスタントでもいろいろ工夫することにより、お店のような本格的に美味しいコーヒーに変化させることができます。