ボケ予防

コーヒーでボケ予防

毎日コーヒーを飲むことが健康に良いと最近テレビなどでも大々的に伝えられましたが、もともとコーヒーは健康に良い効果を表すことは知られていて、コーヒーは認知症を予防、すなわちボケ予防に効果的な飲み物だと言われています。
ここではなぜ認知症予防に効果があるのかを探っていきます。

コーヒーが健康や認知症予防に効果があるのは、そこにはポリフェノールとカフェインが含まれているからだと言われています。
ポリフェノールには抗酸化作用があります。
私たちの体の中にある活性酸素という物質が、脳内の神経細胞を破壊し、神経細胞の減少が認知症の原因になると言われています。
活性酸素の神経細胞への悪影響を阻止してくれるのが抗酸化物質です。
ポリフェノールには活性酸素を抑える高い効果があります。
カフェインには、みなさんもご存知の通りに眠気を覚ます効果があります。
集中力も高めて、脳内の記憶機能再生にも効果があると言われています。
したがってカフェインにはポリフェノールと共に認知機能低下を防ぐ効果があるのです。
またカフェインにはアルツハイマー病の人の老人斑を除去し、脳内構造の正常化を助ける効果があることも分かっています。
ここで気になるのがどのくらいの量を摂取すれば、認知症予防になるかですが、カフェインは摂取量が多いと健康に害を与えることもあり、中毒性も確認されています。
しかしアルコールと同様に、人によって適量は異なります。
お酒が強い人もいれば弱い人もいるように、カフェインを摂取するだけで不安になったり、興奮状態になる人もいます。
またその時の体調によっても適量は異なりますが、一般的には1日コーヒー4杯~5杯が認知症予防のためには効果的だと言われています。
また夜にコーヒーを飲むと、睡眠不足の原因になる可能性が高くなるので注意して下さい。

このように、コーヒーには認知症予防に効果的なポリフェノールとカフェインが含まれていて、毎日適量を飲むことで健康面にも良い効果があることが分かっています。